2008年05月09日

島根・玉造「保性館」と「山の井」が自己破産手続き開始−HMIへ譲渡

 島根県の玉造温泉にある老舗旅館「保性館」と「旅亭山の井」が2008年5月9日、松江地裁に自己破産を申し立て、手続きの開始が決定した。5月9日付の日刊スポーツが伝えた。

 負債総額は保性館が約19億円、山の井が約22億円。神戸市のホテル運営会社、ホテルマネージメントインターナショナル(HMI)が2軒を買い取り、事業を継続する。2軒は敷地が近接しているためHMIは2軒をセットで運営することで効率アップを図る。

 保性館山の井の公式サイトには5月9日夜の段階で関連情報は掲載されていない。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ