2008年04月17日

大阪・りんくうシークルの温泉、年内開業を目指す−朝日報道

【おことわり】りんくうシークルの温泉「寿楽の湯」は2009年2月8日にグランドオープンします(→2009年9月末で閉店)。当ブログは更新を休止したため新規の記事を出稿する予定はありません。詳細は寿楽の湯の公式サイトhttp://jurakunoyu.com/をご覧ください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大阪泉佐野市のりんくうプレジャータウンシークル内に今年春に開業する予定だった温泉施設について、シークルのデベロッパーである大和ハウス工業が年内の開業を目指していることが明らかになった。2008年4月17日付の朝日新聞地方版が伝えた。

 報道内容は当ブログが1カ月前に伝えたのとほぼ同様で、ワンディ・スパの経営難による開業の遅れを指摘(ワンディ・スパの名前は出していない)。ワンディ・スパの撤退に伴い、大和ハウス工業が「今年中には営業を始められるよう、後継企業の誘致を急ぐ」と説明していることを伝えている。現段階で数社の候補があるという。

 これまでの経験からいうと、施設側の開業予定は往々にして遅れがちだ。年内開業を目指しているということは、来年にズレ込む可能性も否定できないと思う。いずれにしても今春の予定が大幅に遅れることだけは間違いない。

 今回の報道で新しく分かったことは、ワンディ・スパの撤退が2008年1月25日で決定していたことだ。その後の2月4日に開かれた大阪府環境審議会温泉部会ではワンディ・スパに対して温泉の動力装置の設置を許可する答申が出ている。

 申請者の撤退後に許可が出るのも不思議なのだが、申請から部会の開催までのタイムラグがあることを勘案すればしょうがないのだろうか? 撤退後に動力装置が設置されたとは常識では考えにくい。大阪府の審議会が2月と8月の年2回開催されていることからして、次の8月の審議会で新たな事業主が再度動力装置の設置を申請することになりそうだ。もっともその前に温浴事業を引き受ける会社が決定している必要がある。

 報道によると、既に掘削済みの温泉は泉温32.8度、湧出量毎分400リットルの単純温泉。

【過去の関連記事】
【特報】大阪・りんくうシークル温泉開業不透明に−ワンディ・スパ経営難で(2008年3月16日)
大阪・泉佐野りんくうシークルの温泉、春の開業を断念(2008年3月1日)
大阪・りんくうタウンに24時間営業の温泉2008年春オープン(2007年11月7日)
この記事へのコメント
最近、地元新聞の求人広告にスタッフ募集が入っており、どうやら年内開業の模様です。ただ「シークル内温泉施設で働くスタッフを募集する派遣会社」での募集なので、正確な事実関係は分かりません。
Posted by yuyu6212 at 2008年10月21日 08:30
>yuyu6212さん
情報ありがとうございます。複数の方から夏のうちに新しい事業主が決まったようだという情報が寄せられていましたが、無事に求人が始まったようで一安心です。
Posted by らくだ(編集人) at 2008年10月21日 21:29

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ