2008年04月16日

北海道・三笠天然温泉「太古の湯」6月中旬オープンへ

【おことわり】三笠天然温泉太古の湯の開業は2008年6月25日に決定。詳報は末尾リンク先の続報を参照。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 北海道三笠市の岡山地区の道の駅三笠に建設中の温泉施設「三笠天然温泉太古の湯(仮称)」が紆余曲折を経て2008年6月中旬にオープンする見通しとなった。三笠市が4月の広報誌で明らかにした。

 この施設、もともとは「ワンディ・スパ三笠店」として計画され着工したが、2007年秋にワンディ・スパが経営難に陥って事業を続けられなくなり、施工会社の桐山(静岡県富士川町)が後を引き継ぐことになったのは、当ブログでも大阪・りんくうシークルの温浴施設関連の記事で3月に伝えた通り(詳しくは末尾リンク先の関連記事を参照)。

 三笠市の4月の広報誌でも「当施設は当初、(株)ワンディ・スパが昨年12月オープンを目指して建設を進めていましたが、資金面で事業展開が困難になったことから、施工会社の(株)桐山が温浴施設の経営をすることになりました」と説明されている。

 温浴棟は木造平屋で大風呂、日替わり風呂、露天風呂、岩盤浴ミストサウナなどを備える。鉄骨造平屋の休憩棟にはプール、レストラン、リラクゼーション室などが設けられる。

 手元の資料によると、ワンディ・スパ時代の2006年7月にボーリングを開始し、9月中旬に地下1000メートルの地点で29.2度、湧出量毎分150リットルの温泉を掘削済み。

 2008年2月13日付の北海道新聞地方版本紙によると、年間に見込まれる利用者数をワンディ・スパの見通しから下方修正したことにより、入浴料を高めに設定せざるを得なくなった。当初計画の1.5倍に相当する大人1800円、子ども900円が想定され、三笠市の関係者から苦情が寄せられているとのことだった。その後、入浴料が正式に決まったかどうかは不明。下記広報誌にも入浴料は掲載されていない。

【参考】三笠市の広報誌「広報みかさ」4月号14ページ(PDFファイル)

【続報&関連記事】
北海道・三笠天然温泉太古の湯6月25日オープン(2008年6月1日)
【特報】大阪・りんくうシークル温泉開業不透明に−ワンディ・スパ経営難で(2008年3月16日)
この記事へのコメント
入浴料が高すぎます!一家5名で行くと1万円です!
価格設定をもう少し 安価して下さい、このままでは
岩見沢健康ランドの用にまりますよ!
せめて 大人500円 子供250円位でお願いします。
入浴セットは別途料金を頂く様にして、コストダウンを
希望いたします。
ご検討お願い致します、(割引券の大量配布等も検討願います。)1〜2年で閉鎖の危機もありますよ!
岩見沢温泉 なごみは390円で大盛況です。
とにかく価格設定の見直しを検討して下さい。
近郊に住んでいますが、このままでは行きません!

Posted by 下村 at 2008年06月25日 02:38
オープンに行って来ました。11時前から、8時過ぎまで居ました。男風呂ですが、10人以上入ってたことなかったようでした。平日のせいならいですが、価額のせいではと、余計な心配でした。従業員ばかりが、目につきでした。風呂も設備もいいのはわかりましたが、価額があまりにもですね。食事も美味しかったですが、価額はどうでしょうか?ビール中ビン600円ですからねーまず私は2度行くのは考えますねー
Posted by 遠藤 at 2008年06月25日 21:34
追伸
しかも次回の割引も一切なしの強気の商売の行く末注目してます。
Posted by 遠藤 at 2008年06月25日 21:38
>遠藤さん
 初日にいらしたのですね。感想を投稿していただきありがとうございます。初日で常時10人くらいの入浴客というのは、明らかに少ないと思います。

>みなさま、
 上記記事の続報で詳細について出稿していますので、これ以降のコメントは下記リンクの記事に書き込んでください。
http://onsen.xii.jp/article/15574474.html

ここのコメント欄はこれにて閉めさせて頂きます。
Posted by らくだ(編集人) at 2008年06月25日 21:46


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ