2006年09月13日

兵庫・三木市長からメールが来た−よかたん家族風呂問題で

 兵庫県三木市の「吉川温泉よかたん」にある家族風呂の営業が兵庫県の指導により危うくなっている問題に関連し、2006年9月13日に三木市の薮本吉秀市長から編集人宛てにメールが届いた。あ〜ビックリした。

 あれ、あんたが質問を送ったのは兵庫県じゃないの?と思われる方がいるかもしれないので、過去記事のコメント欄を見ていない人のために説明しておく。

 9月11日に兵庫県へ送った質問の詳細は12日付の記事「兵庫県に質問を送ってみた−よかたん家族風呂問題で」を見ていただくとして、12日には三木市の市長室あてにもメールを送った(同記事のコメント欄にて報告している)。

 兵庫県は昨年6月のメールマガジンで「よかたん一押しサービスは、家族風呂があること」としているのに、今年の夏になって「家族風呂」という名称さえいけないと指導に乗り出したのは理解できないこと、兵庫県に質問を送ってその質問内容を私のブログで公開したことを伝えるとともに、よかたんの家族風呂の営業を続けて欲しいという個人的な希望も付け加えた。

 私としては兵庫県には質問を送ったので返信を待っているのだが、三木市長には一方的に意見のメールを送ったつもりだったので、まさか返信が来るとは思っていなかった。メールには私個人というよりも、全国の温泉愛好家向けのメッセージが含まれているので、ご了承をいただいていないのだが全文を転載する。 
メールをいただきありがとうございます。

 今後とも、営業方針、営業条件を遵守し、お客様サービスに努めてまいります。

 利用者に喜ばれる温泉サービスが全国的に後退することのないよう、みんなで力をあわせてがんばっていきましょう。

全国の温泉愛好家の皆様の応援をお願いします。

   やぶもと吉秀
【追記】兵庫県からの返信は10月26日に届いた。内容は同日付の「兵庫県からメールが来た−よかたん家族風呂問題」を参照。

【その他の関連記事】
毎日放送でよかたん家族風呂問題−当ブログも登場(9月25日)
兵庫県に質問を送ってみた−よかたん家族風呂問題で(9月12日)
兵庫県が家族風呂を禁止?(9月2日)

 せっかくなので、よかたん関連の記事を書いているほかのブログを探してトラックバックを送ることにした。トラックバック送付先は以下のブログ。神戸新聞の記事を全文転載して1行だけコメントを書いているようなのは除外し、見つけた記事を拾ってみたが傾向は明らかだ。

金ちゃん的『色即是空空即是色』「家族風呂は公衆浴場?」
第3日記「平成の大合併の影響?」
若年寄通信社「なんとも 馬鹿馬鹿しい」
コンソメ シルブ プレ「お役所仕事の極み」
最近のニュースにコメント「家族風呂でも男女混浴ダメ」
なにがわるいんや「まったくバカな話」
東京つれづれ日記「家族でも混浴が違反?」
きまま日記「兵庫県混浴騒動」
誠幸舎山荘日記「混浴は罪な?こと」
東京銭湯入浴記「とうとう『混浴』に行政の手が…」
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
三木市・よかたんにはわけわからん役所のごり押しにめげず、がんばってほしいものです。

こちらのブログはじめて拝見しました。なかなかの情報力ですね。島根県のみろく温泉がなくなったのも初めて知りました。いい湯だったのになぁ。たしかにボロかった。
Posted by コムチャン at 2006年09月13日 23:20
>コムチャン
 私は怠惰なブロガーなので普段はほとんどトラックバックを送らないのですが、きのうは一念発起して他のブロガーの皆さんがどう思っているのか調べてみました。

 あまりにもみんな同じ意見なので、兵庫県を擁護するようなブログを見つけようと頑張ったのですが、見つけられませんでした(当たり前か)。三木市には小野市とも連携して頑張ってもらいたいものです。

 島根県のみろく温泉は温泉通に評判の良かったところですね。訪問する前になくなってしまい残念です。
Posted by らくだ(編集人) at 2006年09月14日 18:15
始めまして。太平のゆの情報を検索してこのブログを見つけました。よかたんのほかの記事も読み深く鋭い切り込みに感心しました。個人の趣味でやっているブログとはとても思えませんが何人かのグループで管理されているのですか。
Posted by yamada at 2006年09月15日 00:21
初めまして。
私も兵庫県の対応に憤りを感じている温泉好きです。
今朝、テレビ番組「スッキリ!」でそのことが取り上げられていました。
6歳という年齢制限は兵庫県だけだそうです。
その番組の中で、兵庫県側の書面でのコメントがありました。
要介護の人や、一人では入浴できない人にはこの限りでは無いというような曖昧な返答でした。

よかたんの「家族風呂ご利用にあたってのお願い」と何が違うのか…
まったくスッキリしませんでした。
Posted by 温泉部長 at 2006年09月15日 13:38
はじめまして。
 
Blogを始めて2年弱。
自分の書いた日記に対して、
初めて、ちゃんとした意味を持った
TBをいただけた感じがして、
嬉しく思っております。
ありがとうございました。
 
>「よかたん一押しサービスは、家族風呂があること」
 
そうなんですねぇ…。
こちらで初めて知りました。
 
小学校からの友達で、「(他県の)県職」がいるもんで、
仲間内のMLなんぞでは、
あまり激しい口調では書けなかったんですが、
次回は、もう少しだけ(そう…ほんの少しだけ…)
「強めに」勝負してみましょうかね。。。
Posted by Hiro at 2006年09月15日 14:50
>yamadaさん
 どうもありがとうございます。といっても、本人には深さも鋭さもなく、あるのは素朴な疑問をクリアにしたいという欲求だけです。

 このブログで記事を書いているのは私1人ですが、情報を共有しようという趣旨に賛同して協力してくださる方が何人かいます。それに記事のコメント欄に追加情報を書き込んで付加価値をつけてもらったり、私の誤りを正してもらうことも多いです。

 だから1人でやっているというよりも、顔も知らない人たち(がほとんど)に勝手に連帯感を持ってやっています。

>温泉部長さん
 スッキリ!って日テレ系の番組ですね。残念ながら事前に知らなかったので、録画もしませんでした。新聞のTV欄には「家族風呂は混浴でダメに賛否両論」とありますが、この「賛」の部分を是非見たかった〜。

 書面での回答ということは、直接のインタビューには答えていなかったのでしょうか。それじゃ、一個人のブログになんてとても返答来ませんね。

 「スッキリ!」を見たのにまったくスッキリしなかったというのには笑わせていただきました。

>Hiroさん
 トラックバックに関しては、私もほとんどブログの力を実感する機会がありません。送られてくるトラックバックの99%以上がアクセスアップを狙った寄生トラックバックです。

 自分に関していえば記事を書くのに精一杯で、横のつながりとか意見の共有を考えてトラックバックを送る余裕がありません。

 今回は喜んでいただけて私も嬉しくなりました。ネットやブログのおかげで、個人が声を上げられるようになったのは(たとえそれが小さな声だとしても)、いいことですよね。
Posted by らくだ(編集人) at 2006年09月15日 21:05
 TBありがとうございます。
 30年位前の東京下町の銭湯では、お父さんと一緒に同級生の女の子が一緒にいた。私はその同級生のお父さんの姿は裸しか見ていない。私の姉は4年生まで私と父と一緒に男湯に入ってました。(姉はそこで同級生と会って恥ずかしくなって男湯に入るのをやめたそうです)
 昔は9時位までは当たり前の、自然な光景だった。今では少なくなったが、たまに銭湯に行くと、お爺ちゃんや父ちゃんと一緒に入っている親子がいる。
 親子で風呂に入るのは楽しい憩いの時間だと思う。兵庫県の意見は家族関係崩壊の原因を作るもので、愚かな考えだと思います。
Posted by 若年寄通信社 at 2006年09月15日 21:33
>若年寄通信社さん
 兵庫県の場合、家族風呂を「混浴」ととらえているのが問題なだけでなく、一般公衆浴場での混浴を認める年齢を6歳までと定めているのもムリがありそうな気がします。東京並みに10歳くらいにすればいいのに。それとも最近の子供はませてるから6歳くらいでも恥ずかしいかなぁ。
Posted by らくだ(編集人) at 2006年09月15日 22:29
兵庫県への抗議や三木市への応援メールを送ってほしいと、らくださんが訪問者に呼びかけたらどうだろう。
Posted by 提案者 at 2006年09月17日 09:47
>提案者さん、
 この問題にコミットし始めたとき、私も一瞬同じことを考えました。『こうなったら温泉仲間に手当たり次第メールを送って応援をお願いしようかな』って。

 結局やめておいたのは、誰かに言われてやるのと自発的にやるのとでは、抗議にせよ応援にせよ言葉の重みが違ってくると思ったからです。

 テレビや新聞の報道や、このブログを含む個人サイトを見て、実際に行動を起こす人が1人でもいたら嬉しいことです。

 このブログは利用者(=消費者)の立場から情報を淡々と&客観的に紹介する目的で始めたので、今回の「よかたん」関連の一連の記事みたいに私の意見が色濃く反映されるのは、新聞調にいえば「極めて異例」といえるかもしれません。

 ご提案ありがとうございました。m(_ _)m
Posted by らくだ(編集人) at 2006年09月17日 14:52
市長からメールが来るブロガー
カッコイイ!
がんばれ!
Posted by かばくん at 2006年09月22日 13:26
>かばくん
 応援ありがとうございます。

 消費者運動や市民活動にはまったく縁がないのに、今回はなぜか自分でも分からないうちに「黙っていられない」気分になってしまいました。数週間前まで自分がこんな行動をするなんて思ってもいませんでした。
Posted by らくだ(編集人) at 2006年09月22日 22:08
トラックバックのお礼遅くなりました。って言うか遅すぎ(汗)
家族風呂推進者として、らくださんへ影ながら応援させて頂きます。
Posted by 金ちゃん at 2006年10月25日 13:23
>金ちゃん
 わざわざお立ち寄りいただき、どうもありがとうございます。トラックバックはこちらが勝手に送っているだけなので、お礼を言われる(書かれる)と戸惑ってしまいます。

 その後この問題の話題がピタリと止まってしまいましたが、どうなっているのでしょう? 何か情報がありましたら教えてくださいね。
Posted by らくだ(編集人) at 2006年10月25日 22:10
余りに反響(批判)が強くて、県も動けないみたいですね。
今後はお役人にありがちな、塩漬け作戦に出て、以後ホッタラカシに成ってしまうと私は考えていますが・・・、さて?
ビバ家族風呂(^^)/
Posted by 金ちゃん at 2006年10月25日 23:04
>金ちゃん
 うわさをすればなんとやら…私の送った質問メールに対し、1カ月半近くたって兵庫県の知事室長からの返信がきょう届きました。少なくとも表面上は強硬姿勢はみられませんでした。

詳しくはこちらへ↓
http://onsen.xii.jp/article/1561497.html
Posted by らくだ(編集人) at 2006年10月26日 21:45

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ