2008年02月22日

秋田・大仙市が日帰り入浴の入湯税引き下げへ−入浴料値上げ回避で

 秋田県の大仙市は日帰り入浴の入湯税を150円から50円に大幅に引き下げ、2008年4月1日から2年間実施する。燃料価格の高騰にあえぐ温泉入浴施設の負担を和らげ、入浴料の値上げを防ぐのが狙い。2008年2月21日付の河北新報が伝えた。

 大仙市は現在、日帰り・宿泊共に同額の入湯税を課しており、今回の引き下げは日帰り入浴のみに適用する。大仙市の入湯税収入は5000万円減少して前年度の半分以下まで減る見通し。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ