2008年02月19日

青森・平川「フラワーランド」2月17日で閉館−破産申し立てへ

 青森県平川市新屋町にある温泉銭湯「フラワーランド憩いの温泉」が2008年2月17日で閉館した。運営している旭温泉開発が破産申し立て手続きの準備に入ったのが理由。2月19日付の陸奥新報が伝えた。負債総額は約3億5000万円とされている。

 フラワーランドは1993年1月にオープン、手元の資料によると52.3度のアルカリ性単純温泉を利用していた。「フラワーランド」の名前の通り、園芸用品の販売なども行っていたが、同業施設との競争激化などにより、営業継続を断念した。

 フラワーランドの公式サイトは2004年から更新された形跡がなく、閉館のお知らせも掲載されていない。
この記事へのコメント
この温泉、地域の温泉銭湯としては10年前は人気で小生もよく利用したものである。しかし、2キロぐらい離れたバイパス沿いに流行のスタイルの新しい温泉銭湯が出来てから急激に客足が遠のいたらしい。温泉施設は老朽化すると維持費もかかり、新しい施設に客を奪われるダブルパンチの構図がある。
Posted by 北国の温泉観光士 at 2008年02月21日 06:27
>北国の温泉観光士さん
 廃業ニュースを紹介していると、「施設の改修に莫大な費用がかかることから営業継続を断念した」という理由が多く出てきます。しかも新設の競合施設が付近にできてしまては太刀打ちできませんね。

 年度末に向けてこういうニュースがこれからも続くのかと思うと気が重くなってしまいます。
Posted by らくだ(編集人) at 2008年02月21日 22:19

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ