2008年02月13日

山形・赤湯温泉に新公衆浴場建設へ−丹波湯と大湯を統合

 山形県南陽市にある赤湯温泉で、公衆浴場の丹波湯と大湯が統合され、新たな公衆浴場が旧山形銀行赤湯支店跡に建設される計画が分かった。2008年2月13日付の山形新聞が伝えた。

 記事は2008年度の南陽市の予算案について伝えており、この中で温泉施設の建設事業に2億2000万円が計上されたことが明らかにされている。

 赤湯公民館の「公衆浴場めぐり」のページに、2007年11月6日付の山形新聞(当ブログでは紹介しておりません)が紹介されている。これによると、新施設は鉄筋コンクリート造り2階建てで1階にホールとフロント、2階に浴場を設ける。完成は2008年末の予定。

【続報】
山形・赤湯温泉の新外湯「赤湯元湯」10月7日オープン(2008年8月26日)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ