2008年02月13日

石川・片山津「第一観光ホテル」を大江戸温泉物語が取得

 大江戸温泉物語のグループ会社キョウデンエリアネットが石川県の片山津温泉にある廃業旅館「第一観光ホテル」を取得していたことが明らかになった。取得価格は不明。2008年2月13日付の北国新聞が伝えた。

 大江戸温泉物語には第一観光ホテルの営業を再開する計画はなく、建物は解体・撤去する。跡地は公園や広場などに整備する案を含めて活用策を地元団体などと協議する。つまり、営業目的ではなく社会的貢献のために廃業旅館を取得したことになる。

 大江戸温泉物語は2007年12月に片山津の休業旅館「ホテルながやま」を取得しており、片山津温泉における大江戸温泉物語の存在感が増すことは確実だ。

 片山津温泉で営業をしていない旅館は、そのほかにも観光みたにや旅館、白山荘、あらや旅館、片山津ロイヤルホテル、遊仙閣、ホテル向陽と6軒あり、このうち観光みたにや旅館は新総湯の用地として加賀市土地開発公社が取得済み。残る5軒の一部については大江戸温泉物語や加賀市などが取得に向けて交渉中とされている。

【関連記事】
石川・片山津「ホテルながやま」を大江戸温泉物語が取得(2007年12月27日)
石川・片山津に新総湯計画−廃業旅館3軒跡地を整備へ(2007年11月13日)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ