2008年12月31日

更新休止のご挨拶

 突然のお知らせで恐縮ですが、当「温泉ニュースBlog」は2008年12月31日で更新をいったん休止することにしました。

 続きを読む

青森市・青森まちなか温泉2009年3月1日オープンへ

 青森県青森市の古川跨線橋近くに2009年3月1日、温泉入浴施設「青森まちなかおんせん」がオープンする見通しだ。事業主体は駐車場管理運営のオオイリアルエステート(名古屋市)。

 施設は9階建てで1、2階に「まちなかおんせん」が入り、3階から9階は立体駐車場で250台を収容する。「温浴施設付き立体駐車場」と発表されているが、心情的には「立体駐車場付き温浴施設」と紹介したい。掘削済みの「古川源泉」は45.1度のナトリウム−塩化物泉。

 オオイリアルエステートは隣接する旧青森パークホテルも取得しており、108室のホテルとしてリニューアルオープンする計画。当初の計画ではホテルは2008年8月、温浴施設は同11月のオープンが予定されていた。

【参考】温泉施設付駐車場オオイパーキングの公式サイト

【過去の関連記事】
青森市・古川に日帰り温泉11月オープンへ−ホテル・立体駐車場も(2008年3月16日) 

【特別企画】2008年の温泉ニュースBlog大賞

 年末特別企画として昨年に続き、今年もこのブログを1年間運営してきて印象に残ったことを独断と偏見で選んでみた。といっても、今年も良いニュースよりも悪いニュースが多かった。

 景気後退の波が押し寄せ、大型施設の開業が延期(大阪のりんくうシークル)されたり、途中でプロジェクトが立ち行かなくなる例(名古屋港イタリア村神戸ポートアイランド極楽湯盛岡など)が目立った。滋賀県の草津市では2件のプロジェクト撤退(6月紹介分10月紹介分)があった。

 指定管理者制度のほころびも目立った。公営から3セクときて民間丸投げの指定管理者制度があちこちで導入されているが、契約期限前の撤退が相次いだ(茨城城里ホロルの湯夕張ユーパロの湯など)。消費者サイドでみれば夏場までの原油高騰に伴ってガソリンと入浴料の値上げが痛かった。

 良いニュースといえば、閉館・休業施設の再生がポツポツと進んでいることだろうか? 温泉ニュースBlog大賞の各賞は以下の通り。

 続きを読む


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ