2008年12月26日

環境省、温泉の枯渇防止の指針案を策定−掘削禁止区域の設定容認

 環境省が2008年12月26日、温泉の枯渇防止のための指針案をまとめたことが明らかになった。同日付の毎日新聞が伝えた。

 指針案の内容は12月26日夜の段階で環境省の公式サイトには掲載されていないので報道内容に頼るしかないのだが、指針案は掘削禁止区域の設定等を容認するのが柱となっている。現在は各都道府県が独自に規制しており、国としては初めての指針案となった。一般の意見を募ってから正式決定し、2008年度中に各自治体に通達するとのことなので、そのうち環境省のサイトでもパブリックコメントの実施が告知されるはずだ。

 報道によると、指針案が掘削禁止区域の対象としているのは、(1)温泉の枯渇が発生している(2)過去に枯渇し始めたが、その後にくみ上げを抑制したことで枯渇が収まっている−などの例。多くの都道府県で既存源泉から300−500メートル内での新規掘削を規制していることについては、環境省独自の試算により「枯渇防止に有効」との判断を示している。

 国が近く統一的なルールを導入する意味は大きい。現在は各都道府県がそれぞれ独自に規制している。自治体が「既存源泉への影響が懸念される」として掘削を認めず、行政訴訟にもつれ込んで自治体側が敗訴する例が、このブログを始めてからの3年余りで私の知る限り群馬(県側の敗訴が確定)、石川(一審で県側が敗訴)と2件起きている。

【過去の関連記事】
石川・山代温泉の新源泉掘削めぐる訴訟で県が控訴へ(2008年12月6日)
石川・山代温泉の新源泉掘削めぐる訴訟で県側が敗訴(2008年11月29日)
北海道・支笏湖温泉の湯量が開湯時の4割まで減少(2008年9月11日)
石川・山代の2旅館による温泉掘削申請に県が不許可の判断(2007年1月14日)
岐阜・高山で共立メンテナンスの温泉掘削に地元の同業者が反発(2007年8月8日)
群馬県がみなかみ鈴森商事の温泉掘削を許可−判決確定で(2006年10月18日)
群馬県の敗訴が確定−温泉掘削許可めぐる訴訟(2006年9月15日)
群馬県が控訴審でも敗訴−温泉掘削不許可で(2006年8月31日)
群馬県が敗訴−温泉掘削に周辺源泉所有者の同意は不要との判断(2006年2月9日)

大分・別府「望潮泉」が休業中−再開のメド不明

 大分県別府市の亀川温にある共同浴場「望潮温泉(望潮泉)」が休業中だ。

 12月19日に現地にいらしたアーニーさんから情報と画像の提供を受け、観光協会に確認したところ半年ほど前から休業しているそうだ。現段階では再開の見通しはまったく分からないという。

 休業の理由は湯量減少と温度低下のためだそう。そういえば今年5月に立ち寄った際、他の共同浴場に比べるとぬるいように感じた。名物管理人のおじいちゃんはお元気だろうか?

 アーニーさん、どうもありがとうございました。観光協会に問い合わせる時間がなく、情報をいただいてから紹介するまでに時間がかかってしまってすみません。

かんぽの宿70施設の譲渡先にオリックス不動産が決定

 オリックス不動産株式会社は2008年12月26日、かんぽの宿全国70施設と社宅9施設の譲渡先として同社が選定されたと発表した。日本優勢株式会社による事業譲渡は2009年4月1日付で実施される。オリックスに譲渡されるかんぽの宿は以下の通り(温泉を利用していない施設を含む)。
■北海道・東北
小樽(北海道小樽市)、十勝川(北海道河東郡)、一関(岩手県一関市)、横手(秋田県横手市)、松島(宮城県松島市)、酒田(山形県酒田市)、郡山(福島県郡山市)、いわき(福島県いわき市)

■関東・甲信越
大洗(茨城県東茨城郡)、潮来(茨城県潮来市)、塩原(栃木県塩原市)、栃木喜連川温泉(栃木県さくら市)、草津(群馬県吾妻郡)、磯部(群馬県安中市)、寄居(埼玉県大里郡)、ラフレさいたま(埼玉県さいたま市)、旭(千葉県旭市)、勝浦(千葉県勝浦市)、鴨川(千葉県鴨川市)、青梅(東京都青梅市)、箱根(神奈川県足利下郡)、石和(山梨県笛吹市)、諏訪(富山県富山市)、柏崎【休館中】

■中部
富山(富山県富山市)、山代(石川県加賀市)、白山尾口(石川県白山市)、福井(福井県福井市)、熱海(本・別)(静岡県熱海市)、伊豆高原(静岡県伊東市)、修善寺(静岡県伊豆市)、焼津(静岡県焼津市)、浜名湖三ケ日(静岡県浜松市) 、三ヶ根(愛知県幡豆郡)、知多美浜(愛知県知多郡) 、恵那(岐阜県恵那市)、岐阜羽島(岐阜県羽島市) 、鳥羽(三重県鳥羽市)、熊野(三重県熊野市)

■近畿
彦根(滋賀県彦根市)、富田林(大阪府富田林市)、大和平群(奈良県生駒郡)、奈良(奈良県奈良市)、紀伊田辺(和歌山県田辺市)、白浜(和歌山県西牟婁郡)、有馬(兵庫県神戸市)、赤穂(兵庫県赤穂市)、
淡路島(兵庫県淡路市) 、舞鶴【休館中】

■中国・四国
皆生(鳥取県米子市)、美作湯郷(岡山県美作市)、庄原(広島県庄原市)、竹原(広島県竹原市)、光(山口県光市)、湯田(山口県山口市)、坂出(香川県坂出市)、観音寺(香川県観音寺市)、徳島(徳島県徳島市)、道後(愛媛県松山市)、伊野(高知県吾川郡)

■九州
北九州(福岡県北九州市)、柳川(福岡県柳川市)、宇佐(大分県宇佐市)、別府(大分県別府市)、日田(大分県日田市)、山鹿(熊本県山鹿市)、阿蘇(熊本県阿蘇市)、日南(宮崎県日南市)、那覇(沖縄県那覇市)、島原【休館中】
 オリックスグループでは今回の事業取得により客室4200室余り、年間宿泊者250万人超の国内最大規模の温泉旅館ネットワークを構築できるとみている。既に鳴子ホテルなど4軒の旅館・ホテルの再生に取り組んでおり、これまでに培ったノウハウをかんぽの宿の運営に活かしたい考え。

【参考】オリックスのプレスリリース(PDFファイル)

北海道・虎杖浜「湯元虎杖荘」が11月に閉館

 昨日の良い知らせの後は悪い知らせが待っていた。北海道白老町にある虎杖浜温泉の「湯元虎杖荘」が2008年11月14日で閉館していた。

 無記名のメールにて情報が寄せられ、直接虎杖荘に閉館の事実と時期を確認した。経営交代などによる営業再開の見通しは「今のところない」とのこと。情報提供どうもありがとうございました。


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ