2008年12月23日

埼玉・上尾「花咲の湯HANASAKI SPA」2009年2月20日オープンへ

 埼玉県上尾市に2009年2月20日、ベトナムをモチーフにしたスーパー銭湯「天然温泉 花咲の湯 HANASAKI SPA」がオープンする見通しだ。事業主体は園芸・造園・不動産・レストラン開発などを幅広く展開するホシマタグループ。

 植民地時代のベトナムをイメージしたフレンチコロニアルの外観で、内装もアジアの落ち着いた雰囲気になっている。38.5度のナトリウム−塩化物温泉(湧出量毎分300リットル)をかけ流しで利用する浴槽を設け、浴槽数は内湯7種類、露天は5種類を備える。人工炭酸泉も地域で初導入する。岩盤浴はチムジルバン形式とし、レストランでは一般的なファミリーメニューのほか、ベトナム等エスニックフードも提供する。

【住所】埼玉県上尾市原市570番地
(埼玉新都市交通・原市駅から徒歩約7分)

【電話】048−723−3726

【営業時間】午前10時から翌午前1時(最終入場午前0時)

【入浴料】平日:大人800円、子供300円
      土日祝日:大人850円、子供300円

【岩盤房】平日600円、土日祝日650円
     (利用に時間制限・回数制限はない)

【公式サイト】http://www.hoshimata.co.jp/spa.html



【追記】入浴料を加筆しました。(2009年1月26日)

大分・別府の野湯「ヘビん湯」駐車場に防犯灯

 大分県別府市にある野湯「ヘビん湯」の駐車場に防犯灯が整備され、2008年12月19日に点灯式があった。12月22日付の地元紙「今日新聞」が伝えた。

 防犯灯はソーラーパネル式で、日没から14時間にわたり20ワットの明るさで灯る。設置費用は143万円。

 ヘビん湯では2007年に4件の車上狙いが起きた。近隣の野湯「鶴の湯」と「鍋山の湯」も入れると合計で41件にも上るという。2008年は地域住民のパトロール隊の活動などが奏功し、これまでのところ12件に減少しているという。


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ