2008年11月05日

【クイズ】温泉利用状況の開示について

 唐突ながらクイズをひとつ。以下の囲み内の文章は正しいか間違っているかどちらでしょう。
公共の入浴用に温泉を利用する施設は、温泉の加熱、加水、循環ろ過、消毒や入浴剤添加などの有無を掲示しなければならない。
続きを見る

北海道・夕張「ユーパロの湯」運営からシルバーリボン撤退へ

 北海道夕張市の温泉施設「ゆうばりユーパロの湯」の指定管理業者であるシルバーリボン(札幌)が管理からの撤退を市側に申し入れていたことが明らかになった。2008年11月5日付の読売新聞が伝えた。

 シルバーリボンは11月4日に文書で撤退を市側に申し入れた。文書の中で夕張市が経営努力を認めないとして非難しているという。水道料金や入湯税の支払いも滞っており、市側は撤退を認める方針とみられる。撤退の時期は不明。

 ユーパロの湯の指定管理者をめぐっては、いったんは日中医療会に決まって2007年4月から運営することになっていた。その後、日中医療会が辞退(2008年4月に破産)したのに伴ってシルバーリボンが受託、2007年6月から施設を運営していた。

 最近では「市が近くにある野湯を放置しているのは営業妨害」「野湯は入湯税を払わず利用できるので不公平」という主張を夕張市にぶつけ、市側が対応のまずらを認めて関係者らに浴槽の撤去を命じたこともあった。

【過去の関連記事】
北海道・夕張の野湯問題、浴槽取り壊して決着−市側が謝罪(2008年10月18日)
北海道・夕張ユーパロの湯管理者が「近隣の野湯は営業妨害」と抗議(2008年9月30日)
ボディケア・スタッフ派遣の日中医療会が4月に破産(2008年5月30日)
北海道・夕張「ユーパロの湯」運営をシルバーリボンが受託(2007年5月23日)
北海道・夕張「ユーパロの湯」の運営を日中医療会が辞退(2007年3月20日)
北海道・夕張「ユーパロの湯」を4月から日中医療会に委託(2007年3月6日)


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ