2008年11月30日

北海道・夕張「ユーパロの湯」の存続決定−管理者決定で

 指定管理者の撤退に伴って休業の瀬戸際にあった北海道夕張市の温泉施設「ゆうばりユーパロの湯」が2008年12月以降も存続することが決まった。11月28日付の北海道新聞が伝えた。

 新たな指定管理者に決まったのは建材会社の菱和興産(札幌市)。夕張市による指定管理者の公募は不調に終わり、ボイラーの施工・管理を担当していた同社に市が要請して委託が決まった。

【関連記事】
北海道・夕張「ユーパロの湯」運営からシルバーリボン撤退へ(2008年11月5日)
北海道・夕張の野湯問題、浴槽取り壊して決着−市側が謝罪(2008年10月18日)
北海道・夕張ユーパロの湯管理者が「近隣の野湯は営業妨害」と抗議(2008年9月30日)
ボディケア・スタッフ派遣の日中医療会が4月に破産(2008年5月30日)
北海道・夕張「ユーパロの湯」運営をシルバーリボンが受託(2007年5月23日)
北海道・夕張「ユーパロの湯」の運営を日中医療会が辞退(2007年3月20日)
北海道・夕張「ユーパロの湯」を4月から日中医療会に委託(2007年3月6日)

栃木・鬼怒川グリーンパレス、12月から伊東園グループ入り

 栃木県日光市の鬼怒川温泉にある老舗ホテル「鬼怒川グリーンパレス」が2008年12月からスタディーの傘下に入り、伊東園ホテルグループの一角となって「伊東園ホテル鬼怒川」と改称する。2008年11月29日付の下野新聞が伝えた。

 伊東園ホテルグループの公式サイトには11月30日現在、関連情報は掲載されていない。同グループは鬼怒川温泉で鬼怒川ロイヤルホテルも経営している。 

2008年11月29日

鹿児島・塩浸「福祉の里」2009年3月末で廃止

 鹿児島県霧島市の塩浸温泉にある市営温泉入浴施設「福祉の里」が老朽化のため2009年3月末で廃止されることになった。2008年11月29日付の毎日新聞が伝えた。

 塩浸温泉は坂本龍馬が新婚旅行で訪れたことで知られている。霧島市の公式サイトには11月29日現在、関連情報は見当たらない。

石川・山代温泉の新源泉掘削めぐる訴訟で県側が敗訴

 石川県加賀市の山代温泉で新源泉の掘削を計画している温泉開発株式会社が新源泉の掘削を認めなかった県を相手取って起こしていた行政訴訟で、金沢地裁は2008年11月28日、県に対して掘削を許可するよう命じる判決を下した。11月29日付の読売新聞が伝えた。

 判決は新源泉の掘削が既存の温泉に影響すると認める証拠がないと指摘「「掘削が公益を害する恐れは認められない」(裁判長)と判断された。県側は(1)既存の源泉に影響を及ぼす公算が大きい(2)山代温泉では旅館が個別に温泉を掘削しないというルールが長年守られてきた(3)地元の反対を押し切って掘削すると地域に混乱が生じる−−などの理由で掘削申請を不許可としていた。

 温泉開発株式会社が計画しているのは旅館「大寿苑」が利用する新源泉で、2006年11月に申請して2007年1月中旬に県から不許可の判断が下った。「ホテル百万石」関連企業の百万石マネージメントが同時に行った2件の掘削申請は1件のみ許可されている。

 この手の訴訟では、2006年に群馬県みなかみ町の温泉開発をめぐって掘削を不許可とした県側が一審、二審ともに敗訴した判例がある。この際も新源泉の掘削が既存源泉に影響を及ぼす確たる証拠がないとの判断が県の敗訴につながった。訴訟までもつれ込んだ場合、既存源泉への影響を前もって証明できなければ不許可の判断を貫くことは難しいといえそうだ。

【過去の関連記事】
石川・山代の2旅館による温泉掘削申請に県が不許可の判断(2007年1月14日)
岐阜・高山で共立メンテナンスの温泉掘削に地元の同業者が反発(2007年8月8日)
群馬県がみなかみ鈴森商事の温泉掘削を許可−判決確定で(2006年10月18日)
群馬県の敗訴が確定−温泉掘削許可めぐる訴訟(2006年9月15日)
群馬県が控訴審でも敗訴−温泉掘削不許可で(2006年8月31日)
群馬県が敗訴−温泉掘削に周辺源泉所有者の同意は不要との判断(2006年2月9日)

長野市・国民宿舎「松代荘」12月1−4日休業

 長野県長野市にある松代温泉・国民宿舎松代荘が2008年12月1日から4日まで休業する。

 施設整備と館内清掃のためで12月5日午前10時から通常の営業を再開する。

 上記の休業情報はノースさんから教えてもらいました。ありがとうございます。個人的な理由によりしばらく更新ができず、出稿が遅れたことをお詫びいたします。

【参考】松代荘の公式サイト

兵庫・三木「吉川温泉よかたん」11月29日営業再開

 温泉排水から基準を上回る砒素が検出されたのを受けて営業を停止していた兵庫県三木市の日帰り温泉「吉川温泉よかたん」が2008年11月29日に営業を再開した。

 三木市によると、砒素除外施設の2基あるろ過機のろ材をすべて入れ替えるとともに砒素反応吸着剤を加えたことで、砒素濃度が1リットル当たり0.015ミリグラムまで低下。基準(0.05ミリグラム以下)をクリアした。

 よかたんは11月17日から定期メンテナンスのため休業しており、21日には基準を上回る砒素検出に伴って市から営業停止を言い渡されていた。ほぼ2週間ぶりの営業再開となった。

【参考】三木市公式サイトの関連情報

【過去の関連記事】
兵庫・三木「吉川温泉よかたん」営業停止−排水から基準上回る砒素(2008年11月23日) 

2008年11月23日

兵庫・三木「吉川温泉よかたん」営業停止−排水から基準上回る砒素

 兵庫県の三木市は2008年11月21日、市内にある日帰り温泉「吉川温泉よかたん」の温泉排水から基準を大幅に上回る砒素が検出されたため、同日からよかたんを営業停止すると発表した。

 水質汚濁防止法に関する県条例によると、砒素の下水道への排出基準は1リットル当たり0.05ミリグラム以下。10月27日に取水した温泉排水から同1.05ミリグラムの砒素が検出された。砒素除外設備内の汚水・汚泥などを取り除いて清掃などを実施した後の再検査でも0.089ミリグラムが検出された。

 よかたんは営業停止が決まる前の11月17日から定例の定期メンテナンスのため休業していた。原因は調査中で、水質検査の頻度は月1回から2回に増加する見通し。

【参考】三木市公式サイトの関連情報

【続報】
兵庫・三木「吉川温泉よかたん」11月29日営業再開(2008年11月29日)

福島・第2回「いわきフラオンパク」12月6日−3月1日開催

 福島県いわき市のいわき湯本温泉で第2回の「いわきフラオンパク」が2008年12月6日から2009年3月1日の3カ月近くにわたって開催される。開催期間は前回よりも約1カ月の延長となった。

 町歩きや地元グルメ、いわき湯本ならではのフラダンスなぢお、体験型のプログラムが77種類用意されており、すでに予約受付も始まっている。

 温泉関連では第1回オンパクに続いて「激闘! 温泉めぐり」が実施される。お得に「はしご湯」を楽しめる入浴券を発売、1枚1050円で3軒の旅館で日帰り入浴できる。つまり1カ所あたり350円で入浴できることになる。対象は旅館協同組合加盟の旅館30軒。

 入浴券はオンパク開催期間中の土日を除く毎日有効で、利用時間は原則として午前11時半から午後4時。普段は日帰り入浴を受け付けていない旅館も対象となっている。入浴券の購入はオンパク事務局で(各旅館では購入できない)。

 このほか温泉関連では「足湯健康法と足あっち向いてホイ」、「湯本の若だんなの目からうろこの温泉講座」、「痛快!! 健康温泉入浴&手打ち蕎麦」といったプログラムが予定されている。

【参考】いわきフラオンパクの公式サイト

【過去の関連記事】
福島・いわきフラオンパク期間中にお得な湯めぐり券を発売(2007年12月25日)
福島・いわき湯本でもオンパク、2008年1月6日−3月2日開催(2007年8月28日)

2008年11月22日

群馬・桐生「水沼温泉センター」休止の瀬戸際−経営引継ぎ先を公募へ

 群馬県桐生市のわたらせ渓谷鉄道は、水沼駅構内にある「水沼駅温泉センター」の経営から撤退する方針を固めた。経営の引継ぎ先を公募して、見つからなければ2008年末で営業を休止する見通し。2008年11月22日付の東京新聞が伝えた。

 同温泉センターは1989年に開業し、2009年には開業20周年を迎える予定。2006年度に330万円赤字に転落し、2007年度には1200万円の赤字を計上。2008年度も赤字が拡大する公算が大きいという。

 同温泉センターは燃料高騰を理由に10月1日から露天の「かっぱ風呂」の利用を休止している。

【関連記事】
群馬・桐生「水沼駅温泉センター」かっぱ風呂を10/1から休止(2008年9月12日)

2008年11月21日

極楽湯の筆頭株主が香港系企業に−第三者割当増資で

【注】下記の第三者割当増資は直前に中止された。詳細は末尾リンク先の続報を参照。(12月24日)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 スーパー銭湯チェーンの極楽湯は2008年11月21日、第三者割当増資を12月25日に実施すると発表した。発行する新株は600万株で、その全てを香港のBeautiful Orient Group Limited(BOG)に割り当てる。極楽湯が調達する資金は概算で12億8800万円。

 BOGは香港の投資会社AID Partners Groupが極楽湯への投資を目的に設立した特別目的会社(SPC)で、業務執行責任者は極楽湯の新川隆丈社長。今回の第三者割当増資により、BOGは極楽湯の株式の34.23%を保有する筆頭株主となる。

 AID Partners Groupは2007年4月設立の新興投資会社。極楽湯の企業理念と事業展開を理解したうえで、中長期的な協力関係を維持し株式を保有する方針を示したことが、極楽湯への資本参加につながった。

 極楽湯は11月17日、福島郡山店(2009年3月中旬予定)と千葉店(2009年5月下旬)の出店計画を発表したばかり(千葉店は「天然温泉」の文字がなかったので当ブログでは紹介していない)。今回の増資で調達する資金は2008年12月25日から2010年3月末にかけ新規出店・既存店の設備投資などに充てられる見通し。

【参考】極楽湯のプレスリリース(PDFファイル)

【続報】極楽湯が第三者割当増資を中止(2008年12月24日)

愛知・幡豆「グリーンホテル三ヶ根」が温泉導入−岐阜から輸送

 愛知県幡豆郡幡豆町の三ヶ根山山頂にあるJA共済宿泊施設「グリーンホテル三ヶ根」が3カ月間のリニューアル工事を終え、2008年11月21日に営業を再開した。

 リニューアルオープンに伴い、岐阜県のいけだゆげ温泉から源泉を輸送、露天風呂で利用を開始した。源泉に加水・加温の上、循環ろ過して利用している。

【参考】グリーンホテル三ヶ根の公式サイト

携帯電話向け宿泊予約サイト1位はじゃらんnet−ゴメス調査

 Eコマースサイトのランキング付けと評価を提供するゴメス・コンサルティングは2008年11月20日、携帯電話向け宿泊予約サイトのランキングを初めて発表した。

 評価基準は(1)使いやすさ(2)情報量とコンテンツ(3)信頼・安心感(4)便利な機能・サービス−−で11月11日時点の各サイトのサービスを比較した。ランキングは以下の通り。カッコ内は運営会社名。 
 1位 じゃらんnet(リクルート)
 2位 楽天トラベル(楽天トラベル)
 3位 旅!遊び!JTB(i.JTB)
 4位 モバイル版Yahoo!トラベル(ヤフー)
 5位 KNT近畿日本ツーリスト(近畿日本ツーリスト)
 6位 るるぶトラベル(i.JTB)
 7位 阪急交通社 Theお宿(阪急交通社)
 8位 一休.comモバイル(一休)
 9位 OZトラベル(スターツ出版)
10位 格安!トラベルコちゃん(オープンドア)
11位 日本旅行宿ぷらざ(日本旅行)
12位 たびえーるnet(昭文社)
 じゃらんnetは使いやすさ、情報量とコンテンツ、信頼・安心感の3項目で1位となり、便利な機能・サービスでも楽天トラベルに次いで2位だった。

【参考】ゴメス・コンサルティングのプレスリリース

2008年11月20日

群馬・伊香保「塚越屋七兵衛」運営会社清算−資産は別会社に移転

 群馬県渋川市の伊香保温泉にある老舗旅館「塚越屋七兵衛(旧称:伊香保ガーデン)」を運営していた企業「伊香保ガーデン」が2008年8月に解散、11月5日付で前橋地裁からと特別清算の開始を言い渡された。11月20日付の読売新聞が伝えた。負債総額は約29億円に上るとみられている。

 バブル崩壊による団体客の減少、競争激化、別館増築を目的とした借入金負担が経営の足かせとなった。2007年決算の段階で17億円の債務超過に陥っており、債権者は債権放棄を避けられない。

 報道によると、伊香保ガーデンは会社を解散する前に塚越屋七兵衛の運営事業や所有権を親族の経営する別会社に移転、旅館の営業は続けられている。親族企業に資産を移転したうえで営業を継続するやり方には非難が集中しそうだ。

青森・碇ヶ関「湯の沢山荘」11月末で休業−再開未定

 青森県平川市碇ヶ関にある湯ノ沢温泉郷の「でわの湯 湯の沢山荘」が2008年11月30日で休業する。

 季節的な休業ではなく営業再開は未定。景気低迷の影響が大きいそうで、「楽しみに来てくれる人には本当に申し訳ない」と苦渋の決断だったことがうかがえた。あと10日あるので「是非いらしてください」とのこと。お近くの方は今度の連休に訪問されてはいかがでしょう。

 湯ノ沢山荘の休業情報はKTさんに教えてもらい、直接確認しました。情報提供ありがとうございました。確認までに時間がかかってしまってすみません。

【追記】がちゃぴ〜ん!さんから提供してもらった画像をアップしました。(11月21日)

2008年11月19日

静岡・伊豆市営「天城温泉会館」2009年3月末で閉鎖

 静岡県の伊豆市が経営する温泉施設「天城温泉会館」が2009年3月末で閉鎖されることになった。2008年11月17日の菊地市長の会見内容を静岡第一テレビ毎日新聞が伝えた。

 天城温泉会館は1996年に開業。運営していた第三セクター企業が解散してからは伊豆市の直営となっていたが、赤字経営が続いて財政圧迫要因となっていた。食堂や劇場ホールは4月以降も営業を継続する。

東京・八丈島「みはらしの湯」11月20日営業再開

 既存源泉の泉温低下に伴って2007年10月半ばから休業、新源泉の掘削を勧めていた東京都八丈島の「末吉温泉みはらしの湯」が2008年11月20日、1年1カ月ぶりに営業を再開する見通しだ。新たに利用する源泉は以下の通り。

【源泉名】末吉かん沢温泉

【泉温】49.8度

【湧出量】毎分500リットル

【泉質】ナトリウム−塩化物強塩温泉

【温泉利用状況】夏場は加水、その他の季節は原則として源泉100%かけ流しの予定

 みはらしの湯の営業再開については最近現地にいらしたアーニーさんから寄せられ、八丈島観光協会と八丈町保健福祉センターで再開見通しと新源泉に関する情報を確認しました。アーニーさん、情報提供ありがとうございました。

【過去の関連記事】
東京・八丈島「みはらしの湯」10月16日から休業(2007年10月4日)

2008年11月18日

福岡市・ベイサイドプレイス博多に「波葉の湯」11/28オープン

波葉の湯外観

 福岡県福岡市博多区の複合商業施設「ベイサイドプレイス博多」に2008年11月28日、スーパー銭湯「みなと温泉波葉の湯」がオープンする。旧「博多一番風呂」が天然温泉を掘削して新たな施設に生まれ変わった(画像と基本情報は「波葉の湯」提供)。

【住所】福岡県福岡市博多区築港本町13−1

【電話】092−271−4126

【営業時間】午前9時から翌午前1時

【定休日】年中無休

露天風呂蜂巣房
(画像左は露天風呂、右は薬石健美香房(チムジルバン)の「蜂巣房」)

【入浴料】大人700円、子ども(小学生)400円、幼児(3歳以上)300円

【薬石健美香房】入浴料とは別に大人700円、子ども500円

【家族風呂】60分で3000円(計5室、延長は30分1500円)

【源泉名】博多ベイサイド温泉

【泉質】カルシウム・ナトリウム−塩化物泉

【泉温】31度

【湧出量】毎分400リットル

【温泉利用状況】源泉を加熱かけ流しで利用する浴槽が男女各2ある

【公式ホームページ】http://www.namiha.jp/

【参考サイト】ベイサイドプレイス博多公式サイトの「波葉の湯」に関するページ


詳しい地図で見る

温泉関連の排水対策促進検討会11/28に第2回会合を開催

 環境省は2008年11月18日、第2回の「ほう素・ふっ素等に係る排水対策促進検討会温泉分野技術検討会」を11月28日に開催すると発表した。検討会は公開され、事前に申し込めば傍聴することができる(申し込み先着15人まで)。

 検討会は11月28日の午後1時半から午後4時までの予定で、株式会社日水コン2205会議室(新宿区西新宿6−22−1 新宿スクエアタワー22階)で開かれる。傍聴希望者は11月26日までに申し込みが必要。詳細は下記リンク先の参考サイトを参照。

【参考】環境省のプレスリリース(11月18日付)

【過去の関連記事】
温泉関連の排水対策促進検討会10月10日に第1回会合(2008年10月3日)
環境省、温泉排水の実態調査へ−全国10−20カ所の温泉地で(2008年2月25日)
温泉排水のフッ素とホウ素を回収、再利用へ−環境省の3年計画(2007年9月18日)
環境省、温泉排水に関するパブリックコメントの結果を発表(2007年5月26日)
環境省、温泉排水基準の規制強化先送りを発表(3月30日)
環境相、温泉排水基準の規制強化を先送りする意向(3月21日)
【コラム水質汚濁防止法】規制強化の先送りだけでは不十分(2月25日)

2008年11月17日

福島・極楽湯福島郡山店2009年3月オープンへ

 スーパー銭湯チェーンの「極楽湯」は2008年11月17日、福島県郡山市に新店舗「天然温泉極楽湯福島郡山店(仮称)」を2009年3月中旬の予定でオープンさせると発表した。福島県での出店は3店舗目。

 運営は恒成商事(宮城県多賀城市)で、福島いわき店はフランチャイズ店。極楽湯が施設の設計管理を通してオープンを支援する。

【住所】福島県郡山市富久山町八山田字南広谷20−1

【敷地面積】約580坪

【参考】極楽湯のプレスリリース(PDFファイル)

栃木・宇都宮ベルモールに「ベルさくらの湯」11/20オープン=詳報

 栃木県宇都宮市にある大型ショッピングセンター「ベルモール」に2008年11月20日、温泉を利用したスーパー銭湯「宇都宮天然温泉ベルさくらの湯」がオープンする。非加水のかけ流し浴槽が設けられるそうだ。

【住所】栃木県宇都宮市陽東6−2−1 ベルモール内

【電話】028−663−4126

【営業時間】午前9時から深夜0時(最終受付午後11時)

【入浴料】平日:大人750円、子ども(12歳以下)400円
      土日祝日:大人850円、子ども400円
     (会員は大人料金100円引き、入会金100円)

【岩盤浴】入浴料とは別に400円

【源泉名】さくらの湯

【泉質】ナトリウム・カルシウム−塩化物温泉

【泉温】60.3度(気温8.0度)

【湧出量】毎分251.25リットル

【公式ホームページ】 http://www.bellsakuranoyu.jp/


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ