2008年10月15日

群馬・川原湯「敬業館みよしや」8月末で閉館

 数年後にダムの底に沈む温泉として知られる群馬県・川原湯温泉で独自源泉を保有している旅館「敬業館みよしや」が2008年8月末で閉館していた。

 背景にあるのは、八ッ場ダムの建設と川原湯温泉の代替地への移転がともに遅れていることだ。公式サイトには、長引くダム問題と施設の老朽化により閉館という「苦渋の決断」を迫られたという説明がある。数年先には新川原湯温泉で「皆様に再びお目にかかりたいと思います」といい、代替地で再び開業を予定している様子には一安心した。

 敬業館みよしやの閉館については、ちゃびさんから教えてもらいました。情報提供ありがとうございました。

【過去の関連記事】
群馬・川原湯温泉の活性化で新案−若い女性ターゲットに(2008年8月15日)
群馬県が川原湯温泉の支援策発表−宿泊費補助など(2008年5月27日)


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ