2008年10月17日

インド・カシミールのタタパニ温泉が3年ぶり復活

 インド北部ジャンムー・カシミール州ラジョウリ地区にあるタタパニ温泉が3年ぶりに復活、再び湯が湧き出した。2008年10月16日付のニュース・ブレーズが伝えた。

 タタパニ温泉は2005年10月8日に発生したパキスタン北部地震のあと、湯が枯れてしまっていた。温泉の復活により訪問客の増加に期待できることから、観光局は旅行者用の宿泊施設の建設を計画している。

福島市・土湯温泉で源泉探訪会実施中

 福島県福島市の土湯温泉で2008年10月3日から源泉探訪会が始まった。日ごろは立ち入り禁止となっている源泉地域を案内人と散策できる。

 午前と午後に1回ずつ各回20人ずつ参加でき、料金は1人1000円。申し込みは当日の午前9時までに観光協会や各旅館フロントへ。昼食付のプランは1800円(連泊滞在なら1000円)で要予約。実施予定は以下の通り。
■10月26日まで
毎週金・土・日に実施

■10月27日から11月16日
毎日実施

■11月22日から2009年3月31日
毎週土・日実施(11月22日以降は午前のみ)
 詳細は下記リンク先の参考サイトを参照。問い合わせは土湯温泉観光協会(電話024−595−2217)へ。

【参考】土湯温泉観光協会公式サイトの関連ページ

2008年10月16日

岩手・一関温泉郷が50組100人を温泉宿に招待−アンケート回答で

 岩手県の一関温泉郷は2008年11月30日まで「元気いっぱい!!いわて一関」キャンペーンを実施中だ。アンケートに答えて郵送すると、抽選で50組100人が一関温泉郷に招待される。

 A賞の宿泊招待の対象となるのは宝竜温泉「かんぽの宿一関」、厳美渓温泉「渓泉閣」、厳美渓温泉「いつくし園」、矢びつ温泉「瑞泉閣」の4軒で、応募者は施設を選択することができない。また、宿泊施設までの往復の旅費は当選者の負担となる。有効期間は12月15日から2009年3月31日。

 これとは別にBとして一関産リンゴの詰め合わせ(役3キロ)が100人に当たる。応募用紙は下記リンク先からダウンロードできる。

【参考】一関市公式サイトの関連ページ

2008年10月15日

群馬・川原湯「敬業館みよしや」8月末で閉館

 数年後にダムの底に沈む温泉として知られる群馬県・川原湯温泉で独自源泉を保有している旅館「敬業館みよしや」が2008年8月末で閉館していた。

 背景にあるのは、八ッ場ダムの建設と川原湯温泉の代替地への移転がともに遅れていることだ。公式サイトには、長引くダム問題と施設の老朽化により閉館という「苦渋の決断」を迫られたという説明がある。数年先には新川原湯温泉で「皆様に再びお目にかかりたいと思います」といい、代替地で再び開業を予定している様子には一安心した。

 敬業館みよしやの閉館については、ちゃびさんから教えてもらいました。情報提供ありがとうございました。

【過去の関連記事】
群馬・川原湯温泉の活性化で新案−若い女性ターゲットに(2008年8月15日)
群馬県が川原湯温泉の支援策発表−宿泊費補助など(2008年5月27日)

2008年10月14日

神奈川・横浜「みうら湯弘明寺店」10/23から露天風呂でも温泉利用

 神奈川県横浜市の日帰り温泉「みうら湯」弘明寺店は2008年10月20日から22日まで設備点検のために休業し、10月23日からは海洋深層水を利用していた露天風呂でも天然温泉を利用する。

 みうら湯は一部浴槽で海洋深層水を利用していたが、海洋深層水を提供していた京浜急行ディーエスダブリュ株式会社(京浜急行の子会社)が市場の縮小による業績低迷などから会社を解散することになったのを受け、9月末で海洋深層水の利用をやめていた。

 みうら湯は2005年3月より、海洋深層水に加えて18.9度のナトリウム―炭酸水素塩冷鉱泉を加熱循環して利用している。湧出量は毎分93リットル。

【参考】みうら湯の公式サイト
    京浜急行ディーエスダブリュの解散に関するプレスリリース(PDFファイル)

2008年10月13日

山形・上山温泉が2カ所で新源泉掘削へ−2009年度にも着工

 山形県上山市の上山温泉利用協同組合は、2009年度にも2カ所で新源泉の掘削に取り掛かる。2008年10月13日付の山形新聞が伝えた。

 かみのやま温泉は現在、湯町、新湯、葉山の3地区に源泉があり、集中管理方式により48軒の施設に源泉を供給している。この3カ所の源泉井戸が老朽化していることから、事故や災害に備えて新源泉を確保する計画が浮上した。

 新たに源泉の掘削が予定されているのは河崎地区と新湯地区で、既に河崎地区の用地は確保済み。新湯地区もめどがついているといい、2009年度の早い段階に工事に取り掛かりたい考え。掘削震度は300−400メートルを予定している。

2008年10月12日

岩手・雫石で4人に1人宿泊料2000円割引、はしご湯特典も実施中

 岩手県の雫石町観光協会は、2008年10月10日から2009年3月10日まで「元気いっぱい雫石!!得々キャンペーン」を実施中だ。抽選で宿泊料金が2000円引きになるほか、1000円で3カ所+1カ所の日帰り入浴ができる入浴券を発売している。

 参加している町内32軒の宿泊施設のいずれかに「おでんせ雫石特別宿泊プラン」で宿泊すると、その場でスクラッチカードがもらえ、当たりが出れば宿泊料が2000円引きになる。当たりの確率は4分の1と、かなり高い。

 宿泊料金の割引とは別に、「雫石温泉郷まつり」として23カ所の施設で利用できる入浴券も同期間に発売中だ。1000円で3カ所の日帰り入浴ができるだけでなく、3カ所入るともう1カ所おまけで入れる。1カ所250円で4カ所の立ち寄り入浴ができる計算だ。

 入浴券の購入は鶯宿温泉観光協会、道の駅「雫石あねっこ」、雫石町観光協会、盛岡観光コンベンション協会(プラザおでって)、滝沢村観光協会、岩手県観光協会、盛岡手づくり村、小岩井農場まきば園で。

【参考】元気いっぱい雫石!!得々キャンペーンのチラシ(PDFファイル)

2008年10月11日

奈良・入之波「山鳩湯」11月から営業縮小、火曜・水曜連休に

 奈良県吉野郡川上村にある秘湯・入之波温泉「元湯 山鳩湯」は、2008年11月から毎週水曜日の定休日に加えて火曜日も休業する。約40度の源泉を夏季以外は加熱して利用しており、これまでの燃料費の高騰が響いて営業を縮小することを決めた。

 年末年始の営業について尋ねたところ、火・水に当たる12月30日、31日は休業して1月1日から営業するとのこと。火・水が祝日に当たる場合の対応については「う〜ん」と即答はなく、決めかねている様子だった。

 これから自遊人の温泉パスポートを使って訪問する人もたくさんいると思うが、例えば12月23日(火)の祝日に訪問しようという場合は、事前に確認したほうがよさそうだ。10月11日現在、山鳩湯の公式サイトには関連情報は掲載されていない。

 山鳩湯の定休日が増えることは、そわぁさんから情報と画像を提供してもらい、直接山鳩湯に確認しました。どうもありがとうございました。

石川・和倉温泉の「総湯」10月15日に無料開放

 石川県七尾市の和倉温泉にある総湯(共同浴場)が2008年10月15日に無料開放される。10月10日付の中日新聞が伝えた。

 明治5年の10月15日、和倉村(当時)が加賀藩の役人から温泉の権利を購入した歴史にちなみ、和倉温泉は10月15日を「和倉温泉独立記念日」として3年前からイベントを実施している。

 15日には朝市ともちつき大会が開かれるほか、先着100人は記念タオルがもらえる。午前と午後に1回ずつ歌謡舞踊「劇団春駒」の無料記念公演も予定されている。

 和倉温泉観光協会の公式サイトには10月11日現在、和倉温泉独立記念日や総湯の無料開放に関する情報は掲載されていない。

2008年10月10日

秋田市・桜温泉さくらさくら、10月10日オープン

 秋田県秋田市に2008年10月10日、日帰り温泉「桜温泉さくらさくら」がオープンした。無色透明の強塩温泉を利用している。直接確認した基本情報は以下の通り。

【住所】秋田県秋田市桜2−92 
    (ゴルフ練習場「桜ゴルフ」敷地内西側)

【電話】018−835−4126

【営業時間】午前6時から午後11時(変更する可能性あり)

【定休日】なし(不定休)

【入浴料】大人600円、子供(小学生)400円、幼児200円、3歳以下無料

【泉質】ナトリウム−塩化物強塩温泉

【泉温】約45度

 内湯、露天風呂、サウナなどが設けられているほか、休憩スペースもあるが、食事処はない。休憩スペースへの食べ物の持ち込みは禁止。

 「桜温泉さくらさくら」の開業についてはsanmaさんから情報を寄せていただきました。ありがとうございました。

  地図を見る

滋賀・草津駅前の温泉施設建設中止に−温泉は掘削済み

 滋賀県の草津市は2008年10月9日、JR草津駅東口に予定されていた温泉施設の建設が中止になったと発表した。10月10日付の産経新聞日経新聞が伝えた。

 旧西友跡地に複合商業施設を建設する計画で、温泉を利用した温浴施設「草津の湯」(仮称)も予定され、2009年7月の開業を予定。温泉は既に掘削が終わっている。

 開発を請け負ったTKKが建設資材や原油の高騰、金融情勢の悪化などを理由に「長期的な事業継続の見通しが困難」として、9月末に計画の中止を申し入れた。掘削した温泉についてTKKは「市民のために有効活用してもらいたい」としているという。

 約9500平方メートルの用地は草津市土地開発公社が買い戻し、新たな利用方法を検討する。

2008年10月09日

岩手・鶯宿「うぐいす旅館」営業再開を断念、廃業

 岩手県雫石町の鶯宿温泉にある湯治宿「うぐいす旅館」が営業再開を断念し廃業した。現地で確認した。

 うぐいす旅館は2007年9月17日の大雨に伴う水害で浴場などが壊れ、営業できなくなっていた。公式サイトには現在も「修繕・清掃に努めてますが、今だ営業再開のめどが立っていません」と再開に含みを残した表現になっているほか、鶯宿温泉観光協会のホテル・旅館リストにも名称が掲載されているが、同経営のホテルうぐいすにて「営業を再開することはない」と確認した(うぐいす旅館はホテルうぐいすの自炊部)。

2008年10月08日

「紅葉の時期に行きたい温泉」1位は由布院−gooランキング

 大手ポータルサイトのgooが運営するgooランキングがまとめた「効用の時期に行きたい温泉」ランキングは、由布院(大分)、鬼怒川(栃木)、草津(群馬)の順となり、各種ランキングで常に上位に食い込む黒川(熊本)は8位にとどまった。

 調査は2008年9月24−26日にかけてインターネットで実施、1044人から有効回答を得た(調査概要)。上位20位の顔ぶれは以下の通り。
 1位 由布院(大分)
 2位 鬼怒川(栃木)
 3位 草津(群馬)
 4位 登別(北海道)
 5位 別府(大分)
 6位 下呂(岐阜)
 7位 高千穂(宮崎)
 8位 黒川(熊本)
 8位 有馬(兵庫)
 8位 蔵王(山形)
11位 定山渓(北海道)
12位 白骨(長野)
13位 乳頭温泉郷(秋田)
14位 十勝岳(北海道)
15位 天橋立(京都)
16位 宇奈月(富山)
17位 霧島温泉郷(鹿児島)
18位 雲仙(長崎)
19位 城崎(兵庫)
20位 寸又峡(静岡)
20位 四万(群馬)
【参考】gooランキング「紅葉の季節に行きたい温泉」ランキング

2008年10月07日

福島県温泉協会、初の温泉ガイドマップを作成−211カ所を網羅

 福島県温泉協会はこのほど、県内の211カ所の温泉を網羅した初の温泉ガイドマップ「SPAP」を作成、配布を開始した。2008年10月7日付の河北新報読売新聞が伝えた。

 SPAPは「SPA」と「MAP」の造語でA1判変形四つ折り。各温泉の泉質や効能、協会加盟の宿泊施設などを紹介している。「全市町村に情報提供を呼びかけ、あまり知られていない温泉地も盛り込みながら、温泉法の要件を満たす温泉だけを厳選した」(読売新聞)という。

 20万部を作成し、観光協会、温泉施設、道の駅、市町村役場などで無料配布している。読売新聞によると、郵送での入手を希望する人は実費が必要で、問い合わせ先は冒険社(電話0242−25−4433)。福島県温泉協会の公式サイトには10月7日現在、SPAP関連の情報は掲載されていない。

岩手・祭畤温泉「かみくら」2009年1月営業再開へ

【注】実際には2008年12月29日に入浴、31日に宿泊の営業を再開。詳しくは末尾リンク先を参照。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 2008年6月14日の岩手・宮城内陸地震で被災して休業中の岩手県一関市にある祭畤温泉「かみくら」が2009年1月に営業を再開する見通しだ。10月6日の毎日新聞が「こもれび」欄で伝えた。

 同欄では女将さんの中学時代の同級生が復旧作業を手伝っていることを紹介、「11月下旬には、地震で崩落した祭畤(まつるべ)大橋の仮橋が開通する。一関市中心部と行き来しやすくなり、1月には営業を再開できそうだ」としている。あと数カ月で営業を再開できる見通しというのは喜ばしい。

 祭畤温泉は旅館等の閉館により5年にわたって営業施設が皆無の状態だったが、2008年1月に旧有朋亭が「かみくら」としてリニューアルオープン、それからわずか5カ月後に被災して休業を余儀なくされた。一関市内では真湯山荘も営業を休止したままになっている

【参考】一関市公式サイト観光施設などの状況について(9月3日現在)

【関連記事】
岩手・祭畤温泉「かみくら」12/29営業再開(2008年12月21日)
岩手・一関の祭畤温泉が5年ぶり復活−かみくら(旧有朋亭)1月開業(2008年2月29日)

2008年10月06日

愛媛・大洲「ゆう湯さがの」9月末で閉館

 愛知県大洲市の温泉入浴施設「ゆう湯さがの」が2008年9月末で閉館した。

 既に電話は通じなくなっている。大洲市役所では10月6日の段階で「9月末で閉館したことは事実だが、施設の先行きなどについては把握していない」としている。

過去記事を更新しました−静岡・富士八景の湯

 2008年9月8日出稿の「静岡・御殿場『富士八景の湯』9月9日オープン」を更新しました。12月末までの予定でオープン記念料金が導入され(料金を引き下げ)たのと、営業時間が改定されたためです。

2008年10月05日

福岡市・「プナ・オラ」が「鷹乃湯」にリニューアル、10/25オープン

 福岡県福岡市中央区のホークスタウンモール2にある温泉入浴施設「プナ・オラ」が2008年9月28日で休業、10月25日には「鷹乃湯(たかのゆ)」と生まれ変わってリニューアルオープンする。

 ブルーム・リサーチ株式会社(東京)が、「健康な身体作り」を目的に施設を運営する。旧プナ・オラはアジアン・ヒーリング・スパをうたっていたが、鷹乃湯はアジアンテイストを基調としつつ日本人に最も馴染む「和」のテイストを取り入れるという。

【住所】福岡市中央区地行浜2−2−1 ホークスタウン内 
    ホークスタウンモール2 3階

【電話】092−847−2641(10月25日開通)

【営業時間】午前11時から深夜0時まで(最終受付午後11時半)

【入館料】(風呂ゾーン、レストゾーンの利用、大小タオル込み)
大人(館内着つき)1200円、
子供(4歳以上小学生まで、館内着なし)500円
幼児 無料

【源泉名】百道温泉

【泉温】42.4度

【泉質】ナトリウム・カルシウム−塩化物泉

【参考】ホークスタウンの発表(10月3日付)

 プナ・オラが休業し鷹乃湯としてリニューアルオープンするとの情報はFさんから教えてもらいました。情報提供ありがとうございました。

【過去の関連記事】
福岡・ホークスタウンモールの温泉11月オープン(2005年10月18日)

2008年10月04日

過去記事を更新しました

 最近更新した過去記事は以下の通り。

1)長野・第1回「信州諏訪オンパク」11月1−9日開催(2008年9月2日出稿)
 ズーラの公式サイトが10月1日に開設されたのでURLを加筆。

2)群馬・現「小野上温泉センター」8月末で閉館−新施設10/1オープン(2008年8月14日出稿)
 新施設の入浴料・営業時間が従来と変わらないことを確認して加筆。

3)新潟市・カーブドッチ・ヴィネスパ11月オープンへ−第2源泉掘削終了(2008年4月21日)
 2008年9月末の段階で、2009年4月開業の見通しであることを確認して加筆。

4)長崎市に「ふくの湯長崎店」2008年夏オープンへ(2007年10月26日出稿)
 2008年9月末の段階でオープンが10月下旬の見通しであることを確認して加筆。

2008年10月03日

群馬・東吾妻町が「天狗の湯」を建設−2010年4月オープン目指す

 群馬県の東吾妻町が吾妻峡温泉整備事業として日帰り温泉「天狗の湯」を建設する計画を進めている。2008年10月4日付の群馬建設新聞が伝えた。

 「天狗の湯」が建設されるのは東吾妻町三島の「あがつまふれあい公園」中央部。男女別浴場のほか貸切風呂も設ける計画で、2009年度中に建設して2010年4月の開業を目指す。


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ