2008年09月30日

ダイキン工業が温泉宿に15組30人を招待

 ダイキン工業株式会社は同社のダイキンエコキュートが2007年度の省エネ大賞を受賞したことを記念する第2弾の温泉宿招待企画「もっとe湯だなぁ大賞キャンペーン」を2008年10月1日から実施する。

 ハガキかネットでクイズに答える(「ダイキンエ○キュート」の○に正しい文字を入れる)と、合計15組30名に以下の温泉宿への旅行が当たる。締め切りは12月31日(郵便の場合は当日の消印有効)。
A)エコde大賞 伊豆稲取温泉 稲取銀水荘(静岡)
B)省エネde大賞 長門湯本温泉 大谷山荘(山口)
C)e湯de大賞 阿寒湖温泉 あかん鶴雅別荘鄙の庭(北海道)
 どの賞が当たるかはお楽しみとのことなので、希望することはできない。賞品は上記温泉宿のいずれかでの1泊(2食付き、税サービス料込み)と、現地までの交通費が含まれる。ただし、最寄りの空港もしくは新幹線駅までの旅費は含まれない。招待有効期間は2009年2月1日から3月31日。

【参考】ダイキン工業のプレスリリース

【過去の関連記事】
“憧れの温泉宿”への旅行を15組30名にプレゼント(2008年5月29日)

北海道・夕張ユーパロの湯管理者が「近隣の野湯は営業妨害」と抗議

【注意】市側が対応のまずさを認めて下記の野湯は既に取り壊されています。詳しくは末尾リンク先の続報を参照。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 温泉施設の近くに無料で入れる野湯があり、市がそれを放置しているのは営業妨害−−。北海道夕張市所有の温泉施設「ゆうばりユーパロの湯」の指定管理者であるシルバーリボンがこんな主張を繰り広げ、2008年9月29日に抗議の質問状を夕張市に提出した。9月30日付の北海道新聞が伝えた。

 報道によると、ユーパロの湯から2キロほどの山中に野湯がある。川岸に石を積んだ直径約2メートルの露天風呂があり、川に流れ込んでいる市有の1号源泉を引いて利用している。この風呂は有志が造ったとみられ、無料で自由に入浴できる状態になっている。

 これに対し、2号源泉を使うユーパロの湯は大人の入浴料が650円。近くにある無料の野湯は“営業妨害”にあたり、入湯税を払う入浴客に対しても不公平というのがシルバーリボンの言い分だ。

 市の条例では河川敷に工作物を築くには市の許可が必要と定められているが、市側はこの野湯を「工作物にはあらない」と判断。道も「自然に流れている湯をため、無料なら温泉法上問題はない」としているという。

 個人的には「野湯」と「日帰り温泉」の利用者層は異なると思っていた。また、自分は野湯の帰りに温泉施設に寄って身だしなみを整えることもあるので、その2つでの“競合”は考えたこともなかった。

【参考】ゆうばりユーパロの湯の公式サイト

【続報】北海道・夕張の野湯問題、浴槽取り壊しで決着−市が対応を謝罪(2008年10月18日)

宮城・鳴子で休業中の「たかしげ旅館」が全焼

 宮城県大崎市の鳴子温泉で2008年9月29日深夜から30日未明にかけ、休業中の「たかしげ旅館」が全焼する火災があった。9月30日付の河北新報が伝えた。

 火災の通報があったのは29日の午後11時半頃。たかしげ旅館の本館・新館のほか、隣にある鳴子タクシーの事務所も全焼、東側にある「旅館すがわら」の宿泊客らが非難する事態になった。幸いなことに負傷者は報告されていない。

北海道・登別「温泉オーベルジュゆふらん」10月末で閉館

 北海道登別市の登別温泉にある「温泉オーベルジュゆふらん」が2008年10月末で閉館する。

 オーベルジュ(Auberuge)とはフランス語で、地方にある宿泊施設を備えたレストランを意味する。ゆふらんはかつてのJRの保養所を改装して2004年春に開業したが、「施設の老朽化など」(9月9日付の室蘭民報)を理由に閉館が決まった。オーベルジュという形態が温泉地に馴染まなかったのではないかとも指摘されている。

 ゆふらんの閉館については出稿をサボっているうちに、のんさんと名無しさんがメールで情報を送ってくれました。さらに出稿がおくれちゃってすみませんでした。

【参考】温泉オーベルジュゆふらんの公式サイト


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ