2008年09月21日

北海道・北見「滝の湯温泉ニュー静林荘」8月末で休業

 北海道北見市留辺蘂町の滝の湯温泉にある「ニュー静林荘」が2008年8月31日で休業した。

 全日本温泉犬愛好協会会長さんから提供してもらった画像によると、「しばらくの間休館させていただきます」と玄関先に掲示されている。9月21日に直接確認したところ電話は現在でも利用されており、「現在は日帰り入浴を含めて営業しておらず、営業再開時期は今のところ分からない」とのことだった。

 会長さん、画像と情報をありがとうございました。(滝の湯センターの再開についても会長さんから情報が寄せられているので数日中に詳細を確認して紹介する見通し)

【雑誌】無料入浴パスポート付「自遊人」9月26日発売

 雑誌「自遊人」を発行するカラットは、第7回温泉パスポート付の2008年11月号が9月26日に発売されるのに先立ち、パスポートを利用して無料入浴できる施設のリストを発表した。

 今回は北海道から鹿児島までの100軒が対象になっている。パスポートの利用期間は9月26日から3月31日まで。年末年始は利用できないほか、施設によって利用条件が設けられていることもある。

【参考】自遊人おんせん倶楽部

栃木・那須、塩原、板室の宿泊者に湯めぐりチケット進呈

 栃木県の那須・塩原・板室のいずれかの温泉地に宿泊すると、各温泉地でそれぞれ1カ所の温泉に無料入浴できる「温泉ホッピング(湯めぐり)チケット」の配布が2008年9月1日から始まった。2009年3月31日まで実施する(12月30日から1月4日は除く)。

 温泉ホッピングチケットは宿泊先でもらえる(大人のみ)。宿泊先のホテル・旅館とは別に那須・塩原・板室の3温泉地からそれぞれ1カ所に入浴できるので、1回宿泊すると4カ所の温泉が楽しめる。

 しかもチケットは3月末の有効期間内に利用すればいいので、期間内であれば宿泊時とは別の機会に訪問することも可能。その上レジャー施設や飲食店・みやげ物屋で提示すれば、入場料や飲食費などの割り引きも受けられるので利用価値は高そうだ。チケットが使える施設は以下の通り。
■那須温泉
那須マウントホテル
旅館ニューおおたか
絶景 一望閣
中藤屋旅館
旅館山快
フレンチとワインの温泉宿瑠庵
那須高原の宿山水閣
ホテルグリーンパール那須
カントリーハウスパディントン
ホテルエピナール那須
グランドホテル愛寿
那須ビューホテル
TOWAピュアコテージ(1/12−2/27冬季休業)

■塩原温泉
ホテル塩原ガーデン
秘湯の宿元泉館
光雲荘
湯ったりの宿松楓楼松屋
上会津屋
渓雲閣
湯荘白樺
山口屋旅館
ホテルニュー塩原
まじま荘
秀山閣佐か茂登

■板室温泉
ホテル板室
山晃館
一井屋
水清館
勝風館
那須フィッシュランドほたるの湯
Onsen Ryokan 山喜(要事前予約)
 利用できる時間帯は施設によって異なるので下記リンク先にて要確認。混雑時など施設の都合によって利用できないこともある。3カ所での無料入浴とは別に、那須・りんどう湖ロイヤルホテル、塩原・紀州鉄道那須塩原ホテル、遊湯センター、華の湯、湯っ歩の里(足湯)にチケットを持参すると利用料の割引が受けられる。その他レジャー施設などでの特典内容は下記リンク先を参照。

【参考】那須塩原NAVIの温泉ホッピングチケットのページ


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ