2008年08月31日

石川・山代温泉の新総湯が着工−2009年8月オープンへ

 石川県加賀市の山代温泉で2008年8月31日、新しい総湯(共同浴場)の起工式が行われた。北陸朝日放送が同日伝えた

 当ブログでも既に紹介した通り、山代の総湯は老舗「旧吉野屋旅館」の跡地に市民向けと観光客向けの2軒建てられる。31日の起工式は市民向けの総湯で、2009年8月1日のオープンを予定している。観光客向けの総湯は現行の総湯を取り壊して建て、2010年のオープンを目指す。

 現在加賀市は、2つの総湯の愛称を募集中だ。だれでも応募でき、締め切りは10月31日。現行の総湯で直接応募できるほか、郵送やメールでも受け付けている。優秀作品に選ばれた人には新総湯の年間入浴券が贈られるというから、遠方から応募する価値はないかもしれない。詳細は下記リンク先を参照。

【参考】加賀市公式サイトの総湯愛称募集関連ページ

愛知・湯谷温泉に新源泉利用の足湯誕生

 愛知県新城市の湯谷温泉に2008年8月30日、足湯がオープンした。8月31日付の中日新聞が伝えた。

 2月から利用が始まった7号源泉を利用している。場所は鳳来パークウエイ入り口脇にある利修仙人(湯谷温泉の開祖)像前。60センチ×120センチの大きさで午前9時から午後6時まで利用できる。利用は無料だが、寸志を入れる竹筒が設置されている。

【過去の関連記事】
愛知・湯谷温泉2月20日から新源泉を利用(2008年1月31日)

大分・別府「北浜温泉テルマス」指定管理者撤退で10月から市直営に

 大分県別府市の「北浜温泉テルマス」が2008年10月から別府市の直営となる。指定管理者のNPO法人ハットウ・オンパクが業績不振で撤退するのが理由。8月31日付の大分合同新聞が伝えた。

 別府市はテルマスを直営にした上で、2009年度からの指定管理者を新たに募集する考え。ハットウ・オンパクは2006年度から5年間の予定でテルマスの運営にあたっていた。報道によると、テルマスのほか2カ所についても指定管理者になっているが施設名は不明。2カ所の運営の先行きについても報じられていない。

【続報】
大分・別府「ハットウ・オンパク」竹瓦と海浜浴場からも撤退(2008年9月3日)


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ