2008年08月30日

福岡・宗像「さざなみ館」10月から休館−指定管理者撤退で

 福岡県宗像市大島にある温浴施設「ふれあい交流施設さざなみ館」が2008年9月末で休館する。宗像市の公式サイトには市長の名前で「運営を継続することが困難な状態となりましたので、9月1日より当分の間、休館いたします」とのお知らせ(リンク先はPDFファイル)が掲載されている。

 8月30日付の毎日新聞によると、指定管理者のカントリー(博多区)が2010年度までの契約期間が半分以上残っているにもかかわらず、経営難から市に撤退を申し入れた。年間4万から5万人の利用客を見込んでいたが、実際にはその半分弱程度の集客しかできなかったという。

 さざなみ館は2001年7月に旧大島村がオープンさせ、2005年3月の宗像市への合併で市が運営を引き継いだ。当初は温泉を利用していたが2006年1月にポンプが故障、3月には施設を運営していた第3セクターの「筑前おおしま」が解散と、いったんは営業再開が危ぶまれた。市は高濃度炭酸泉と濃縮海水を利用する施設に切り替えるとともに指定管理者制を導入し、2007年7月に営業再開にこぎつけていた。

【過去の関連記事】
福岡・宗像「さざなみ館」の早期再開困難に−運営母体が解散(2006年3月13日)

富山市・山田温泉元湯玄猿楼が8月30日まで営業停止−食中毒で

 富山県富山市の山田温泉元湯玄猿楼で食虫毒が発生し、富山市の保健所は2008年8月28日から30日まで営業停止処分とした。8月29日付の毎日新聞が伝えた。

 8月24日の宿泊客のうち、これまでに21人が食中毒の症状を訴え、うち4人が入院した。そのうち2人は報道時点ですでに退院しておりいずれの患者も快方に向かっているという。患者や旅館からは黄色ブドウ球菌が検出された。


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ