2008年08月10日

東京・八王子市七国の温泉開発を事業主が断念

 東京都八王子市七国に温泉施設を建設する計画が中止になった。2008年8月8日付の毎日新聞が伝えた。

 同計画は2007年1月に開かれた東京都自然環境保全審議会で東京都の担当者が周辺に飲用井戸や湧き水がないことを確認しているなどと事実と異なる説明をしたのを受けて温泉の掘削が許可された。住民側はこれに反発し、開発の中止を求めて反対運動を起こしていた。

 温泉の掘削は認可後2年以内に完了する必要があり、事業主は住民との合意を前提にすると2009年1月までの期限に間に合わないと判断、開発を断念した。

 毎日の記事の存在は過去記事へのコメントで、としさとさんに教えてもらいました。どうもありがとうございました。

【過去の関連記事】
東京都・湧き水と井戸を見落とし八王子の温泉掘削を許可(2008年7月17日)

静岡・修善寺「独鈷の湯」下流への移設が決定−2009年3月にも完成

 静岡県伊豆市・修善寺温泉の修善寺川(桂川)にある「独鈷(とっこ)の湯」を現行の位置よりも19メートル下流に移設することが決まった。2008年8月9日付の静岡新聞が伝えた。

 水害対策の一環で、11月に着工して20009年3月の完成を目指す。2007年2月に移設の話が浮上した際は河川敷に移すことが検討されていた。結果としては、川幅が広い下流に移すことで「独鈷の湯」の両側を川が流れるようにし、川の中にある現在のイメージを残すことになった。

【過去の関連記事】
静岡・修善寺「独鈷の湯」河川敷に移設へ(2007年2月12日)


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ