2008年08月05日

岐阜・奥飛騨「平湯の湯」2カ月ぶり営業再開

  岐阜県高山市・奥飛騨温泉郷の平湯温泉にある「平湯民俗館・平湯の湯」が2008年8月1日、営業を再開した。

 施設メンテナンスのため5月21日から休業していた。平湯民俗館は昔の民家を改造した民俗資料館で、入館すると併設の露天風呂「平湯の湯」を利用できる。営業再開後は当面、民俗館の入場料は無料で、平湯の湯は寸志で利用できるそうだ。

【参考】奥飛騨温泉郷観光協会公式サイト

【過去の関連記事】
岐阜・奥飛騨「平湯の湯」5月21日から当面休業(2008年5月11日)

福島・湯野上温泉1泊289円−甲子トンネル開通記念で50組限定

 福島県の会津地方、下郷町にある湯野上温泉は2008年9月21日、1泊2食付の宿泊を289円の破格値で提供する。下郷村と西郷村を結ぶ国道289号の甲子トンネルが同日開通するのを記念した企画で、対象はペア50組100人限定。福島放送が8月5日に伝えた

 希望者はハガキに氏名、性別、年齢、住所、電話番号を記入のうえ、〒969―5206下郷町湯野上字居平746 湯野上温泉観光協会R289係に送る。締め切りは8月31日。応募者多数の場合は抽選となり、9月10日頃に当選者に連絡がある。旅館や民宿の希望はできず、温泉観光協会が指定する宿に宿泊することになる。

 8月5日現在、湯野上温泉結いの会湯野上温泉旅館組合の公式サイトには関連情報は掲載されていない。問い合わせは湯野上温泉観光協会(電話0241−68−2569)へ。

【追記】その後湯野上温泉旅館組合のサイトが更新された。詳細はhttp://www.yunokami.jp/event.stm#289のページを参照のこと。

山形・中山「ひまわり温泉ゆ・ら・ら」新源泉掘削に成功

 山形県中山町の温泉入浴・宿泊施設「ひまわり温泉ゆ・ら・ら」近くの交流広場で進められていた新源泉の掘削が成功、工事が終了した。2008年8月4日付の山形新聞が伝えた。

 報道によると、新源泉は51.5度のナトリウム−塩化物泉で有出漁は毎分216リットル。1月に掘削を始め、5月に地下1010メートルの地点で湯脈を掘り当てた。中山町はゆ・ら・らで使っている2号源泉の湯量が減少していることから、3号源泉に相当する新源泉の掘削に踏み切った。新源泉の利用は9月の町議会定例会に提案される見通し。

 実は数日前、ゆ・ら・らに電話してみた。8月から新源泉を利用するとの情報が読者からコメント欄に寄せられていたからだ。「源泉の掘削は終わっているが、1、2カ月中に利用を開始する状況にない」との説明があったので、新源泉の利用開始までには少なくとも数カ月かかりそうだ。

【参考】ひまわり温泉ゆ・ら・らの公式サイト
(8月4日現在、新源泉の情報は掲載されていない)


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ